So-net無料ブログ作成
インプレッション ブログトップ
前の5件 | -

合同試乗会&フレンチ部プチオフ [インプレッション]

徳島の輸入車事情ですが、多くのメーカー・車種を抱えるノヴィル・オートモーティブさんの
アルファ、フィアット、プジョー、シトロエン車が一挙に試乗できるというイベントがありました。
006.jpg
会場では開催のご案内をいただいた、あってんさん、お久しぶりですジョン・yukaさん、
そしてお初のNさんどうぞ宜しくお願いします。で、好きな車を選んで試乗~。
005.jpg


続きを読む


Yokohama Earth1 215/55R16 [インプレッション]

久々のインプレッション

だけど書くことが無い~
ということは、タイヤとしての使命を全うしているのだ、とも思う。
008.jpg

続きを読む


ピカソの近況 [インプレッション]

まもなく31,000kmですが
最近、気になることを少々・・・
SANY0002.jpg

続きを読む


C4ピカソ話へ戻る [インプレッション]

ここのところ「グチ」ばかりになって、よけい暑苦しいので、主題へ戻ります。

たまたま試乗する機会があったり、人のクルマを乗ってみたり、代車だったり
で、自分の車をあらためて見直すきっかけがあったので、思いをつらつらと。

クルマにそんなに愛着あるほうではないし、いじる訳でもないし、ステータスに
思う方でもないし、どちらかといえば乗りっ放しの私ですが、ことこのC4ピカソ
については、明らかに「他のと違う」のが非常に気に入っております。
細かいことを言えば難点も多々ありますが、それは差し引いても、やっぱり
選んでよかったというのが実感ですね。
この「他と違う」のが気に食わない方は早々に降りているでしょうし(今、出回っ
ている中古車は展示品か試乗車かこれでしょうね)、乗っている方は私と同様
の感想をお持ちかと思います。

何が「他と違う」のか。普通は外観であったり、内装であったり、機構であったり
するわけですが、ピカソは、これらをひっくるめて「醸し出す雰囲気が他と違う」
としか他に言い様がありません。
部分部分で違うのはどのクルマもそうなんですが、出来上がった製品として
触れ、乗って、運転してみると「異空間」なんですよ。ちょっとこの感覚は・・・。
ハイドロのBXの泥足も感心しましたが、クルマとしては、ん~やっぱチープだし
特段の雰囲気というものは感じられなかったなあ~。

SANY0002.jpg

話は変わるけど、どうしていわゆる乗用車ってあの車高なんだろう。
低すぎない?
乗り降りの多いお買い物や、雨の日は嫌になりませんか?
コーナリングスピードを競うわけでもないし、高速性能を競うわけでもないのに
日常で使う車がですよ、何であんなに車高を低くする必要があるの?
前に乗っていたヴァナゴンは車高2m近いし、ピカソだって私の身長近くまで
あるけど、かなりファンな操縦性が味わえますよ。
材料費削減のため、車高を下げざるを得ないというんであれば、それはそれで
納得なんですがね・・・。
形? そうかなあ~。低いのが形良いとは思えんが・・・。

また、話は戻ってピカソですが、長時間乗っていても疲れない車No.1ですね。
今のところ。
シートについては個人差があるので、あわない方も居るやも知れませんが、
少なくとも腰痛持ちの私にとって、腰痛が出ないというのは助かります。
個人的見解ですが、いわゆる正しいドライビングポジション=疲れない姿勢では
無いと思いますよ(そうであればそれが最善ですが)。
教科書的なポジションは安全運転上必要とされていますが、マスプロダクション
のクルマで、自分に完璧に合わせることは無理。
楽なポジションを取って、運転が出来なくなるようなことってあります?
ないですよね。
(シートバックをぺったん倒しているバカが居ますが、あれは楽じゃないでしょう)
ジムカーナやラリーするわけじゃないんだから、ステアリング上部をしっかりと
握れるようなポジションにしなくても、十分操作できますよね。
(パワステついてますし)
ですから、まずシートに腰掛けて腰に来ないポジションを見つけて、その上で
各操作が十分に出来るか?の順番で調整しています。
シートバック、シート高さ、ペダル位置、ステアリング位置の順に決めています。
結果、ステアリングは一番引き出した位置となってしまうのは、古風な体形の
私ではやむをえないかと・・・。これで運転するのに不具合はまるでございません。
逆にシートバックを起こしてやると、ステアしたときにシートバックの張り出しと肘が
干渉することがあります。(ちょっと張り出しすぎの気もしますね)
どちらかというと、シートに体を預ける感じの方が腰には優しいです。

そういえば、シートの沈み込みは時間とともに結構変わりますから、長時間乗る
ときは、シートリフターで高さを調整しています。レザーシートはそんなことないん
でしょうけどね?どうなんでしょうか。

と、思いつき話は、つらつら続く・・・


C4ピカソをちょっと乗り比べ [インプレッション]

ピカソ1周年ですね。早いもんです・・・。

初めはエクスクルーシブに6EGSと4ATの2種しかありませんでしたが
今年になってベーシック仕様の2.0が加わりました。
いつもは6EGSエアサスですが、今日は4ATエアサスと6EGSバネサス仕様を
乗り比べる機会がありましたので、ご紹介します。
ex.jpg20.jpg
さらにおまけでプジョー308シエロも乗りましたので追加します。
308.jpg


質問:エアサスとバネサスではどちらが乗り心地が良いですか?
答え:正直に申し上げます。バネサスです。
    いつも感じている、足回りのバタバタ感、ドタッという音が
    バネサスでは感じられません。非常に滑らかです。
    はっきりいって予想外でした。雑誌とか評論家先生のコメントに
    エアサスだから乗り心地が良いと書いてありますが、単純に比較すると
    通常使用ではバネサスの方が静かで滑らかです。
    ショックです・・・。

質問:6EGSと4ATではどちらを選択すべきですか?
答え:私ならやっぱり6EGSを選びます。確かに欠点もあります。
    シフト時の空走感、急坂道発進での力不足は気を使います。
    が、シフトタイミング、軽やかさは格別です。
    4ATは気持ちとシフトスケジュールが合っていませんので、
    常にエンジンが唸っている気がして、世知辛いです。

質問:素の2.0のシートはどうですか?
答え:やや硬めに感じるのと、包まれ感が気持ち強めに感じます
    好みの問題ですが、全く問題ないと思います。ヘッドレストが
    凄く小さく感じて首の周りが寂しい気がします(笑)
    その他、ステアリングはウレタンですが、汗っかきの私には
    こちらの方が気を使わずに済みます。
    ヘッドライトはディレクションは付いてませんが、手動の
    光軸調整が付いてますので、リヤが沈んでもOKです。

以上、感想でした。但し2名乗車でのインプレッションなので、フル乗車
でどうなるかは判りません。あしからず。

おまけに新プジョー308シエロの感想ですが、良くも悪くもエンジンの
自己主張が強いなと感じました。
クルマ自体は剛性感があり、どっしりしています。少々ステアリングが
重いのではと感じますが、許容範囲です。
脚はちょっと硬いかなあ~。もう少し柔らかいのが好みなんだけど。
ただ、ダンピングが効いていて、速度が上がれば落ち着きます。
やはり4ATはなじめませんね~。しかも、エンジンの特性か、または
わざとマイルドな調整か、発進した時、スロットルの踏み初めに
もたつきがあり、其処を過ぎると突然グワっと吹け上がるのは気持ち悪い。
回転で言えば1000~1600rpm位に不感地帯があって2000rpmから
吹け上がり初め、そこから後はとても1600ccとは思えぬパワーの
盛り上がりです。丁度バワーの盛り上がりとシフトチェンジが重なって
1~2速がギクシャクします。ちょっと残念。
中間加速は素晴らしい力の盛り上がり方と滑らかさで、ちょっと感動もの
です。それだけにこのミッションは惜しいなあ~

以上、プチ試乗会でした。

追記 :
上記内容は、あくまで私の感じたことを率直に下手な文章で書いたものです。
当然、人によっては感じ方は様々ですので、鵜呑みにしないでくださいね。
ご購入の際は、ご自身で試乗確認して、自己責任のもとでご判断ください。
・・・と、一応書いておきます


前の5件 | - インプレッション ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。