So-net無料ブログ作成
検索選択

alfaromeo MiTo 1.4t [今日の出来事]

試乗してきましたよ
v37460a.jpg


MiToといえば、手ごろなサイズ、パワー、値段?
で、今、試してみたい一番手のクルマなのです。
アルファロメオ徳島さんに試乗申込みしましたら
早速OKいただきましたので、ニコニコしながら
約束の10時にお伺いしました。

感想~
室内:
適度にタイト。ウィンドウはドアが閉じる直前にシュッと下がるという
例の小技がついています。おおっ
シートポジション、ステアリングコラムの調整は前後上下可能でバッチリ
事前にネットで意見のあったフットレスト位置はまったく違和感なし。
というかベスト。これが近すぎるという人は???じゃないの。
シートのホールド、ポジションは全く問題なし。Aピラーは低く太めだが
慣れれば気にならない。
シフトレバーの位置が後ろ過ぎて2.4のポジションで肘が苦しい。
ストロークは前後左右とも大きく、節度にも乏しいのが残念。

さて、走り出すと:
久しぶりのマニュアル車だが、とにかく下のトルクが厚く、スムーズに発進。
早めにシフトアップしていっても滑らかに走る。ズボラ運転も可能。
一方、低いギアで引っ張っていくと、これまた速い速い。
回転あげてのパンチ力。低回転での粘り。扱いやすいなあ~。
クラッチはストロークが多いのが気になるが、ブレーキのタッチ、スロットル
のストロークはちょうどよい感じ。4→3→2のシフトダウンでヒール・トゥも
試すがちゃんと回転を合わせられた。
それにしてもシフトフィールが悪いのが残念。2速に入れるつもりが4速に
入ったりして・・・。それでも4速1000rpm未満からスナッチ無しに加速
し始めるのにはビックリ。

足回り:
操縦性とかわかるようなシチュエーションでないので書けません。
が、想いのほかフラットでしなやかな感じは好印象。ハーシュネスも軽め。
フィアット500のようなピョコタンピョコタンじゃない、ちゃんと仕事をしている脚。
ステアリングもダイレクトで慣性が少ない。頭がすっと入るし、直進性も良。

D.N.Aなるスイッチも試してみたが、あえてこれが無くとも十分かな。
ただ、確かに変化が見られるので、これはこれで面白い。

総評:
いや~、楽しい。ほんとお手ごろ。現状、多人数を載せてクルマで移動
ということはもう無くなったし、趣味用のトランスポーターがあれば、これが
欲しいと本気で思った。

でも

でも

でも

このシフトフィールはいただけないよう~(泣)
ツインクラッチでこの値段だったら即決ですがね。

もひとつ残念さをあえてあげれば「音」かな? 
けっして気持ちのよい音ではありません。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

mamu

書き忘れた
左ハンドルならこのMTでもOKだと思います。
というか左ハンドルのが欲しいや(^_^)/
どうも右ハンドルで左下が2速というのは
宜しくないのよね~。人間工学上無理がありますよん。
by mamu (2009-05-30 21:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。